FAQよくある質問

貸出・返却・予約について

本は何冊借りられますか?
学部学生は15冊を限度に1ヶ月、大学院生は50冊を限度に1年(中央図書館閲覧室資料は1ヶ月)、医学部分館所蔵資料は学部学生・大学院生ともに5冊を限度に1週間借りることができます。
返却期限日を過ぎたらどうなりますか?
返却期限内に資料を返却しない場合は、期限を超えた日数分だけ貸出を停止します。他の方が借りたい場合、迷惑になりますので速やかにカウンターに返却してください。
図書館で資料の閲覧・貸出・返却をしたいときはどうすればいいのですか?
学部学生・大学院生の閲覧・貸出・返却について
閲覧
書架の資料は、室内で自由に閲覧できます。中央図書館の自動書庫、大型本庫、読書支援室、マイクロ保管庫 にある資料は2階総合カウンターで手続きが必要です。

貸出
医学部分館や各学部の分室では、借りたい資料に学生証を添えカウンターで貸出手続きを行ってください。中央図書館では、自動貸出機で手続きをしてください。自動貸出機で手続きできない資料は中央図書館2階総合カウンターに申し出てください。「蔵書検索(OPAC)」で所在が「中央自動書庫」と表示された資料は、中央図書館、および各学部の分室のパソコンから出庫の指示をし、2階総合カウンターで手続きをしてください。「蔵書検索(OPAC)」で所在が「中央大型本庫1」「中央大型本庫2」「中央マイクロ保管庫」「中央2F総合カウンター」「中央読書支援室201」「中央読書支援室202」と表示された資料は、備え付けの申込・受取票に必要事項を記入し、2階総合カウンターで手続きしてください。

貸出冊数と期間
学部学生は15冊を限度に1ヶ月、大学院生は50冊を限度に1年(中央図書館閲覧室資料は1ヶ月)、医学部分館所蔵資料は学部学生・大学院生ともに5冊を限度に1週間借りることができます。

貸出禁止資料
貴重書、禁帯出図書、雑誌(医学部分館を除く)、新聞、視聴覚資料、マイクロ資料、学位論文などは館外貸出 ができません。館内でご利用ください。

返却
借りた資料は、必ず返却期限日までに返却してください。中央図書館・医学部分館・各学部の分室のどのカウン ターでも返却することができます。返却期限内に資料を返却しない場合は、期限を超えた日数分だけ貸出を停止します。
雑誌を借りることはできますか?
中央図書館及び各学部の分室所蔵分は福岡大学の教育職員以外は貸出ができません。館内にあるコイン式コピー機を利用して、著作権法の範囲内でコピーしてください。なお、医学部分館所蔵の雑誌については学内の方に限り、5冊を限度に1週間借りることができます。(新着雑誌は1日のみ)
以前借りた本のタイトルが知りたいのですが、わかりますか?
パソコンを使って自分で調べることができます。My Libraryの「貸出履歴一覧」で確認できます。図書館ウェブサイト画面左上のMy Library内「ログインはこちら」から、福大IDを入力してアクセスしてください。「貸出履歴一覧」を選択すると表示されます。スマートフォン、携帯電話でも確認することができます。
貸出中の本を予約したいのですが、どうすればいいですか?
蔵書検索(OPAC)」の詳細画面から予約ができます。予約には福大IDが必要です。予約の順番がきたら、図書館からメールで連絡があります。連絡を受けてから借りにきてください。なお、予約ボタンが表示されていない資料の予約及び予約をしたのに連絡がない場合はカウンターに申し出てください。
借りた本をなくしてしまいました。どうすればいいですか?
どうしても見つからない場合は弁償となります。各カウンターまでお申し出ください。
今、借りている本の返却期限日を知りたいのですが、どうしたらいいですか?
学内の方は、パソコンを使って自分で調べることができます。My Libraryの「貸出予約取寄せ状況確認」で確認できます。図書館ウェブサイト画面左上の「ログインはこちら」から、福大IDを入力してアクセスしてください。「貸出予約取寄せ状況確認」を選択すると、借りている本の返却期限日が表示されます。スマートフォン、携帯電話でも確認することができます。
図書館ではどのようなサービスを行っていますか?
レファレンス・サービス
レファレンス・サービスとは、利用の際に生じるいろいろな疑問について、利用者の相談に応じサポートするサー ビスのことです。 お気軽に図書館スタッフ、もしくは中央図書館に配置されたライブラリー・アシスタント(LA)にお尋ねください。図書館ウェブサイトの「ASKサービス」でも受け付けています。

Twitter
図書館からのお知らせや案内、イベント情報などを福岡大学図書館キャラクターの福太郎先生が発信します。ぜひフォローしてください。
福岡大学図書館ツイッター @fu_lib

以下のサービスは学内の方へのサービスです。

予約・取寄せサービス
借りたい資料が貸出中の時は、「蔵書検索(OPAC)」の画面から予約することができます。また、以下の図書館(室)間で借りたい資料の取寄せができます。福岡大学認証基盤システムの福大IDを入力後、お申込みください。
取り寄せ範囲

ILL(文献複写・貸借)サービス
必要としている雑誌や図書が福岡大学図書館に所蔵していない場合は、国内外から資料の取寄せをオンラインで申し込むことができます。ILL(文献複写・貸借)サービスは有料です。

他大学図書館の利用
他大学の図書館へ直接行って資料を利用する際に紹介状が必要な場合があります。訪問する大学の図書館利用については事前に訪問先大学図書館のウェブサイト等でご確認ください。
なお、紹介状発行をご希望の場合は、利用する資料を特定してください。またその資料が福岡大学図書館に所 蔵されていないことを「蔵書検索(OPAC)」で確認してください。訪問希望日(期間)も明記してください。
紹介状は即日発行ができませんので、紹介状受取希望日の1週間前までにお申込みください。

図書購入依頼
図書館に所蔵していない資料をオンラインで購入依頼することができます。
原則、図書館に所蔵している資料は購入しませんので、申し込む前に必ず「蔵書検索(OPAC)」で確認してください。雑誌の購入はできません。

ライブラリー・アシスタント(LA)
中央図書館では、大学院生であるライブラリー・アシスタント(LA)から、レポートや論文を書くために必要な情報の選択方法や論理的な文章の書き方などを学ぶことができます。学生の皆さん、気軽にご利用ください。
ライブラリー・アシスタント(LA)情報は図書館ウェブサイトや中央図書館大型電子掲示板で確認できます。

国立国会図書館「図書館向けデジタル化資料送信サービス」の利用
国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、インターネット公開されておらず、絶版等の理由で入手が困難な資料について中央図書館で閲覧・複写(印刷)ができます(複写は有料です。)。
他機関から借りた図書は自宅に持って帰れますか?
いいえ、できません。他機関から借りた資料は紛失や汚損、破損を防ぐため、館内のみでの利用となります。利用時間等の制限もありますので、詳しくは中央図書館2階総合カウンターまたは医学部分館カウンターにお尋ねください。

施設の利用について

図書館の開館日や休館日はどのようになっていますか?
夏季休業、盆、年末年始、入学試験期間中以外は開館しています。(分室、医学部分館では異なります)
開館時間の変更、臨時休館日については、掲示や図書館ウェブサイト等でお知らせします。
何時まで開館していますか?
中央図書館、理・工・薬・スポーツ科学部分室、医学部分館で開館時間が異なります。「開館カレンダー」を確認してください。
各学部の分室は、どこにありますか?
理学部分室、工学部分室、薬学部分室、スポーツ科学部分室、医学部分館があります。これらの分室、分館を利用することができます。「図書館マップ」で場所を確認してください。
図書館は自由に入れますか?
本学の学生は、自分が所属している学部に関係なく、各図書館(室)を利用できます。中央図書館と理学部分室は入退館システムを導入していますので、入退館時に学生証が必要です。卒業生、在学生のご父母、学外の方はカウンターで手続きをお願いします。
卒業してからも図書館を利用できますか?
はい、できます。図書館利用許可証(以下、FUL CARD)の発行を受け、中央図書館、分室を利用することができます。利用者本人の氏名と現住所を確認できるもの(運転免許証・健康保険証などの身分証明書)をお持ちのうえ、中央図書館1階インフォメーションカウンターまでお越しください。FUL CARDを発行します。なお、お申込みは郵送またはメールでも受け付けます。利用できるサービスについては「卒業生(有信会)・在学生のご父母(父母後援会)の方へ」でご確認ください。
※カード発行には時間がかかります。あらかじめご了承ください。
※医学部・看護専門学校の卒業生は医学部分館で手続きをしてください。
図書館で携帯電話を使うときはどうしたらいいですか?
館内に入るときは電源を切るかマナーモードに設定し、通話は携帯電話使用可能な所で使用してください。中央図書館は2階〜4階のリフレッシュコーナーと5階携帯電話エリア、医学部分館は3階のリフレッシュルームで使用可能です。
館内に飲食する場所はありますか?
食べ物を摂取する場所はありません。
飲み物については中央図書館は2階〜4階にリフレッシュコーナー、医学部分館は3階にリフレッシュルームを設けており、飲み物の摂取が可能です。医学部分館、各学部の分室は入退館ゲートの外側で飲み物の摂取が可能です。給水機を中央図書館、医学部分館、各学部の分室に設置していますので、そちらもご利用ください。
図書館に歓談する場所はありますか?
中央図書館内のリフレッシュコーナー、医学部分館のリフレッシュルーム及び分室の一部に談話スペースはありますが、図書館は学習や目的に沿った資料検索、読書、自習の場所としてご利用ください。ゲームなどはお断りしています。また、館内では他の利用者の迷惑とならないよう、静粛を保ってください。ただし、中央図書館のグループ学習室、ラーニング・コモンズでは学習のためのディスカッションをすることができます。
図書館のパソコンは自由に利用できますか?
学内の方は、蔵書や学術情報の検索、学習に関連する利用について自由に利用できます。これらと関係のないインターネットの使用はご遠慮ください。福大IDを使ってログインし、ご利用ください。なお、印刷はオンデマンドプリンタシステムによる印刷です。ポイントを使用して印刷してください。
卒業生、在学生のご父母、学外の方は、中央図書館OPAC検索パソコンでの蔵書検索のみ可能です。
図書館で自分のパソコンを利用できますか?
各図書館(室)で利用できます。詳しくは図書館スタッフにお尋ねください。
学外者でも、図書館を利用できますか?
はい、学外者(一般)および福岡大学附属大濠高校生・福岡大学附属若葉高校生は、所定の手続きをすることで中央図書館、分室を利用することができます。ただし福岡大学の行事等で利用できない期間があります。また、資料の貸出はできません。
詳しくは「学外の方・福岡大学附属高校生の方へ」でご確認ください。

※福岡大学附属大濠高校・福岡大学附属若葉高校以外の高校生の利用はできません。
ただし、閲覧を希望する資料がある場合に限り、「福岡大学図書館所蔵資料閲覧許可願(高校生)」を提出し、閲覧が許可された場合は利用できます。
詳しくは「高校生の方へ(福岡大学附属高校除く)」でご確認ください。
在学生の親ですが図書館を利用できますか?
はい、できます。図書館利用許可証(以下、FUL CARD)の発行を受け、中央図書館、分室を利用することができます。利用者本人の氏名と現住所を確認できるもの(運転免許証・健康保険証などの身分証明書)をお持ちのうえ、中央図書館1階インフォメーションカウンターまでお越しください。FUL CARDを発行します。なお、お申込みは郵送またはメールでも受け付けます。
利用できるサービスについては「卒業生(有信会)・在学生のご父母(父母後援会)の方へ」でご確認ください。
※カード発行には時間がかかります。あらかじめご了承ください。
※医学部生のご父母(父母後援会)の方は医学部分館で手続きをしてください。

My Libraryについて

My Libraryとは何ですか?
インターネットを使って、貸出予約取寄せ状況確認や、図書購入依頼などが利用できるサービスです。図書館ウェブサイト画面左上の「ログインはこちら」から、福大IDを入力してアクセスしてください。福大IDについては「福岡大学認証基盤システム」をご覧ください。
自宅のパソコンからもログインできますか?
はい、できます。スマートフォン、携帯電話からのアクセスも可能です。

資料について

図書館にはどのような資料がありますか?
図書館では以下のような資料を所蔵しています。
図書
中央図書館には人文・社会科学分野の教育及び研究に必要な資料や自然科学分野の基礎的資料、事典・辞書などの参考図書があります。医学部分館、各学部の分室には各学部の教育及び研究に必要な専門分野の図書があります。

雑誌
中央図書館には人文・社会科学系の雑誌があり、分野ごとに各階に配架されています。医学部分館、各学部の分室には各学部の教育及び研究に必要な専門分野の雑誌があります。雑誌は一定期間配架した後、製本します。製本雑誌は中央図書館の自動書庫に保管している場合もありますので、自動書庫を利用する場合は2階総合カウンターで手続きをしてください。

データベース、電子ジャーナル・電子ブック
新聞記事や雑誌論文、図書などをインターネットを使って閲覧することができます。図書館ウェブサイトのメニュー「データベース」「電子ジャーナル・電子ブック」からアクセスしてください。電子ジャーナル・電子ブックは「蔵書検索(OPAC)」からもアクセスできます。卒業生、在学生のご父母、高校生(福岡大学附属高校を含む)、学外の方は利用できません。

新聞
主要な国内新聞及び外国新聞は、中央図書館1階新聞閲覧コーナーに配架しています。一定期間配架した新聞は自動書庫に入庫しますので、利用の際は2階総合カウンターで手続きをしてください。※全ての新聞を保管しているわけではありません。
新聞リスト

視聴覚(AV)資料
中央図書館2階AVコーナー及び各学部の分室にあります。利用の際は学生証、職員証が必要です。学外の方は利用できません。

マイクロ資料
中央図書館2階マイクロ保管庫に保管しています。資料及びマイクロリーダーの利用の際は2階総合カウンターで手続きをしてください。複写は有料です。

修士論文
中央図書館自動書庫及び各学部の分室にあります。利用の際は「蔵書検索(OPAC)」で検索し、カウンターで手続きをしてください。閲覧のみ可能で、貸出や複写はできません。

貴重図書
18世紀以前の洋書、和書、漢籍等の貴重書を所蔵しています。閲覧するには事前の申請が必要です。 また、コレクション資料の一部をデジタル化、公開しています。詳しくは、「コレクションを見る」でご確認ください。。
雑誌はどこにありますか?
中央図書館には人文・社会科学系の雑誌があり、分野ごとに各階に配架されています。医学部分館、各学部の分室には各学部の教育及び研究に必要な専門分野の雑誌があります。閲覧と複写(有料)のみ可能で貸出はできません。雑誌は一定期間配架した後、製本します。
製本雑誌は中央図書館の自動書庫に保管している場合もありますので、自動書庫を利用する場合は2階総合カウンターで手続きをしてください。
新聞はどこで読むことができますか?
主要な新聞は、中央図書館1階新聞閲覧コーナーに配架しています。一定期間配架した新聞は中央図書館の自動書庫に入庫しますので、利用の際は2階総合カウンターで手続きをしてください。※全ての新聞を保存しているわけではありません。
その他分室及び医学部分館で閲覧できる新聞もあります。詳しくは、「新聞リスト」でご確認ください。
なお、貸出はできませんので、当日分を除き、館内にあるコイン式コピー機を利用して、著作権法の範囲内でコピーしてください。
ビデオやDVDはどこにありますか?
中央図書館2階AVコーナー、各学部の分室にあります。貸出はできませんので、館内のAVブースで視聴してください。利用の際は学生証が必要です。
医学部分館所蔵分は医学情報センター4階にあります。
なお、図書館所蔵のものに限り視聴可能です。学外の方は利用できません。
マイクロ資料はどこにありますか?
中央図書館2階マイクロ保管庫に保管しています。資料及びマイクロリーダーの利用の際は、2階総合カウンターで手続きをしてください。複写は有料です。
資料をコピーしたいのですが、どうしたらいいですか?
図書館の資料は教育・研究・調査目的に限り、複写が可能です(有料)。著作権の範囲内でご利用ください。複写の際は備え付けの「文献複写申込書」に必要事項を記入し、カウンターに提出してください。館内で複写できるのは図書館の資料に限ります。複写料金はモノクロは1枚10円、カラーは1枚50円です。
探している本が本学にないのですが、どうしたらいいですか?
学内の方は、必要としている雑誌や図書が福岡大学図書館に所蔵していない場合、国内外から資料の取寄せをオンラインで申し込むことができます。「My Library」からお申し込みください。
図書については購入を申し込むこともできます。
データベースや電子ジャーナル・電子ブックとはどのようなものですか?
学術資料を電子化したものです。
データベース
論文の情報を蓄積して提供しているのが文献データベースで、自分に必要な論文を検索することができます。著者名、論文名、掲載雑誌名、巻号及びページなどが分かります。抄録や論文そのものを読めるデータベースもあります。また、百科事典や新聞の記事、企業や人物の情報などを蓄積して提供しているデータベースもあります。

電子ジャーナル
インターネット上で閲覧できる雑誌です。雑誌記事や論文を見ることができます。

電子ブック
インターネット上で閲覧できる書籍です。

いずれも図書館ウェブサイトの「データベース」「電子ジャーナル・電子ブック」からアクセスできます。
データベースや電子ジャーナル・電子ブックはどこで使えますか?
学内の方限定のサービスです。以下の方法でご覧ください(無料公開のものは、インターネット環境があればどこでも誰でも使えます。)。
学内で利用する場合
学内ネットワークに接続されているパソコンから利用できます。図書館内のパソコンや学内のPC教室等のパソコンを利用するか、ご自分のパソコンを大学のネットワークに接続して利用してください。

学外で利用する場合
自宅など、学外から利用したい場合は、「リモートアクセス」サービスを利用してください。
電子ジャーナルを利用する上で注意することはありますか?
はい、あります。大量のデータをダウンロードしたり、検索結果を無断で複製、再配布することは禁止されています。「データベース・電子ジャーナル利用上の注意
自分が持っている図書や雑誌を寄贈できますか?
寄贈に関しては受け入れ条件がありますので「福岡大学図書館の寄贈図書資料受入れに関する申合せ」をご確認ください。

OPAC(蔵書検索)について

請求記号って何ですか?
図書の並び場所を示しています。図書の背に貼ってあるラベルの記号です。
読みたい本を探すときはどうしたらいいですか?
蔵書検索(OPAC)」で検索してください。検索の方法については「資料の探し方」を参照してください。
蔵書検索(OPAC)で検索した結果、所在に「中央自動書庫」と書いてあるものがあります。自動書庫とは何ですか?
自動書庫とは出納作業がシステム化された巨大な書庫で、中央図書館地下にあります。借りる場合は中央図書館、および各学部の分室のパソコンから出庫の指示をし、2階総合カウンターで手続きをしてください。
蔵書検索(OPAC)で検索できなかった資料は購入してもらえますか?
学内の方は、図書館に所蔵していない資料がある場合、オンラインで申し込むことができます。「My Library」内「図書購入依頼(FULIS)」で、新規依頼を行ってください。 原則、図書館に所蔵している資料は購入しませんので、申し込む前に必ず「蔵書検索(OPAC)」で確認してください。