凡例・注釈

「江戸・明治漢詩文コレクション」データベース詳細表示画面で使用されている用語の解説です。

書名

基本的に外題を書名とした。破損や題簽の剥落により外題がとれない場合は内題や柱題を書名とし、括弧で付記した。
外題【げだい】 表紙につけられた書名。表紙にじかに打っつけ書きで記されたり、題簽【だいせん】(表紙に張り付けられた細長い小紙片)に記された書名。
内題【ないだい】 (内)本文の初めに記された書名。
柱題【はしらだい】 (柱)印刷面の欄外に加えられた署名。
見返し【みかえし】 (見返)表紙の裏側の書し情報があるページ。
扉【とびら】 (扉)前表紙の裏の対向の書誌情報があるページ。

書型【しょけい】

本の大きさと形。
大本【おおぼん】 美濃判【みのばん】を二つ折りにした大きさをいい、それ以上の大きさのものを総称する。(約縦27cm×横39cm)
半紙本【はんしぼん】 半紙判の紙を横に二つ折りした大きさの紙を使った本。(約縦24cm×横17cm)
中本【ちゅうぼん】 大本の約半分の大きさの本。(約縦19cm×横13cm)
小本【こぼん】 半紙本の約半分の本。(約縦17cm×横12cm)
豆本【まめほん】 小本よりもさらに小型の本を総称していう。
縦長本【たてながぼん】 横に比して縦の長さが特に長い本の総称。
横本【よこほん】 縦に比して横が長い本。
三つ切り本【みつぎりぼん】 美濃紙または半紙を横に三つ切りにした本。

刊・写

刊本【かんぽん】 出版された本。
写本【しゃほん】 肉筆で記された本。